アイアン飛距離おすすめランキング!

アイアンの飛距離を伸ばしたいゴルファー向け、おすすめのアイアンをランキング形式で掲載!試打・評価・最新情報・発売日なども紹介!

ミズノ アイアン

Mizuno Pro 221・223・225アイアンのスペック・発売日・発売価格

投稿日:2021年9月22日 更新日:

Mizuno Proシリーズからアイアン3機種が発売となっています。

Mizuno Pro 221・223・225アイアンについて、モデルの特徴・スペック・発売日・発売価格などをまとめました。

Mizuno Proシリーズのアイアンの2022年モデルは3機種

Mizuno Proシリーズのアイアンは、Mizuno Pro 221、Mizuno Pro 223、Mizuno Pro 225アイアンの3機種がリリースとなっています。

Mizunoのアイアンは国内外で注目度が高く、Mizuno Proシリーズは、2020年以来の2年振りのニューモデルとなります。

全体的に難易度が上がっているか!?

これまでのMizuno Proシリーズのアイアンは、2018年モデルの118、518、918、2020年モデルの120、520、920が発売されています。

1がマッスル、5がハーフキャビティ、9がポケットキャビティといった分かりやすい構造に分かれていました。

2022年モデルについては、221・223・225となっていて、1、5、9から1、3、5に数字が変わっています。1、3、5、9に形状の定義があるわけではありませんが、数字が小さい方がシャープなことな共通認識ではないかと思います。

そう考えると、単純に2022年モデルは全体的なシャープさの底上げがなされているという印象を受けます。

構造は大きく変わっている

アイアンの構造の定義もきっちり分けずらくなっていますが、概ね以下の解釈になると思います。

<2022年モデル>

  • 221アイアン:マッスルバック
  • 223アイアン:ポケットキャビティ(ポケットに異素材を装着)
  • 225アイアン:中空構造

<2020年モデル>

  • 120アイアン:マッスルバック
  • 520アイアン:キャビティ
  • 920アイアン:ポケットキャビティ

2020年モデルでは、スリクソンの以前のZシリーズであった5・7・9のようなラインナップでした。

しかし、2022年モデルでは、一番下が9から5にかわり、中空構造となっています。

数字だけ見ると、9から5に変わったことで、難易度が上がったような印象を受けますが、2020年モデルと2022年モデルをロフト角で見ると、また違った見え方になります。

2020年モデル 2022年モデル
34°(120) 34°(221)
32°(520) 32°(223)
30°(920) 30°(225)

アイアンの特徴は、7番アイアンのロフト角に大きく表れます。

その意味では、同じ値が踏襲されていますので、弾道の角度の持たせ方が同じで、ターゲットゴルファーも大きな違いはないと言えます。

Mizuno Pro 221アイアン

テクノロジー・特徴

  • 軟鉄鍛造
  • 逆テーパーブレード設計
  • コンパクトサイズ
  • グレインフローフォージドHD
  • 銅下メッキ
  • ハーモニックインパクトテクノロジー

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 バンス角 FP 長さ バランス
5 27 60.5 2 4.2 37.75 D2
6 30 61 3 4.3 37.25 D2
7 34 61.5 3 4.4 36.75 D2
8 38 62 4 4.5 36.25 D2
9 42 62.5 5 4.6 35.75 D2
PW 46 63 6 4.7 35.25 D3

シャフトスペック

ダイナミック・ゴールド HT

硬さ シャフト重さ 調子 クラブ重さ
S200 129g 手元 約445g

Mizuno Pro 221アイアンの口コミ・評価

Mizuno Pro 223アイアン

テクノロジー・特徴

  • クロムモリブデン鋼+グレインフローフォージドHD(No.4~7)
  • 新フローマイクロスロット構造(No.4~7)
  • コンパクトサイズ、ハイパフォーマンス
  • グレインフローフォージドHD
  • 銅下メッキ
  • ハーモニックインパクトテクノロジー

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 バンス角 FP 長さ バランス
5 25 60.5 1 3.2 37.75 D2
6 28 61 2 3.3 37.25 D2
7 32 61.5 3 3.5 36.75 D2
8 36 62 4 3.7 36.25 D2
9 41 62.5 5 3.9 35.75 D2
PW 46 63 6 4.1 35.25 D3

シャフトスペック

NSプロ MODUS3 ツアー 115

硬さ シャフト重さ 調子 クラブ重さ
S 118.5 手元 約433g

Mizuno Pro 223アイアンの口コミ・評価

Mizuno Pro 225アイアン

テクノロジー・特徴

  • ホットメタルブレードデザイン
  • コアテックフェース+グレインフローフォージド(No.4~7)
  • 軟鉄鍛造ショートアイアン(No.9、PW)
  • 銅下メッキ
  • ハーモニックインパクトテクノロジー

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 バンス角 FP 長さ バランス
5 24 60.5 1 3.2 37.75 D1
6 27 61 2 3.3 37.25 D1
7 30 61.5 3 3.5 36.75 D1
8 34 62 4 3.7 36.25 D1
9 39 62.5 5 3.9 35.75 D1
PW 44 63 6 4.1 35.25 D2

シャフトスペック

ダイナミック・ゴールド 95

硬さ シャフト重さ 調子 クラブ重さ
S200 95g 手元 約417g

Mizuno Pro 225アイアンの口コミ・評価

Mizuno Pro 2022年シリーズアイアンの発売日

Mizuno Pro 2022年シリーズのアイアンは、2021年10月15日に発売です。

Mizuno Pro 2022年シリーズアイアンの価格

Mizuno Pro 221アイアン(Dynamic Gold HT)

6本セット(5〜PW):¥132,000

Mizuno Pro 223アイアン(N.S.PRO MODUS3 TOUR115)

6本セット(5〜PW):¥138,600

Mizuno Pro 225アイアン(Dynamic Gold 95)

6本セット(5〜PW):¥138,600

あわせて読みたい

-ミズノ, アイアン
-, ,

関連記事

スリクソン ZX5・ZX7アイアンの試打・動画をまとめました

スリクソンの2020年の新作「ZXシリーズ」。 松山英樹プロがZX5・ZX7ドライバーを試合で使い、スリクソンのドライバーに戻ってきたことで、ZXは話題のシリーズとなっています。 当記事では、ZXシリ …

APEX DCBアイアン 2021の試打・評価・口コミ

キャロウェイから発売のAPEXアイアン 2021年モデル。 2014年の発売からシリーズ4代目となり、キャロウェイの中でもとても人気のシリーズで、2021年モデルは3機種のラインナップとなっています。 …

PING のBLUE PRINT(ブループリント)アイアンは、史上初のマッスルバックだ!

PINGから発売されるBLUE PRINTアイアンについて取り上げます。 PING BLUE PRINT(ブループリント)アイアン GDOで探す 楽天市場で探す 激安中古クラブ市場で探す フェアウェイ …

タイトリスト T100・Sアイアンの最新情報

タイトリストのT100SアイアンがUSサイト等に掲載されています。T100のストロングロフト版アイアンとなるT100Sアイアンについて、モデルの特徴・スペック・発売日・発売価格など最新情報をまとめまし …

飛距離が出るマッスルバックアイアン

マッスルバックアイアンと言えば、ツアープロを始め上級者にしか使いこなせない印象をお持ちの方も多いと思います。 最近の極薄フェース・肉厚キャビティー・ストロングロフトのディスタンス系アイアンとは対極にあ …