アイアン飛距離おすすめランキング!

アイアンの飛距離を伸ばしたいゴルファー向け、おすすめのアイアンをランキング形式で掲載!試打・評価・最新情報・発売日なども紹介!

「 g710 」 一覧

PING G710アイアンとG700アイアンの違いをまとめました

PINGのG710アイアンとG700アイアンについて、違いをまとめました。

PING G710アイアンとG700アイアン

PING G710とG700は同じシリーズのアイアンです。左のG710アイアンは2020年に発売、右のG700は2018年に発売のモデルで、新旧の関係にあります。

どちらのアイアンもPINGでは飛び系として位置づけられていて、7番アイアンのロフト角が28°です。

同時期のPINGのアイアンの中で、最もロフトが立っているモデルです。

どちらも中空構造を採用

出典:https://clubping.jp/product/product2020_g710.html

G700アイアン、G710アイアン共に、中空構造が採用されています。

この構造を取ることで、フェースに撓みが生じ、大きな飛距離を生み出してくれます。

G710は精悍なブラック

G710アイアンが一際目を引くのは、仕上です。

従来のパール仕上げに、ブラックPVDが追加されていて、耐久性と耐食性に優れています。

G710は、ヘッドからネックまでブラックに仕上げられていますので、精悍な印象を与えてくれます。

基本的な性能・スペックは同様

ロフト・ライ・バンス、クラブ長さなど、基本的なスペックはG710とG700で同じになっています。

バックフェースのデザインは異なりますが、同じ中空構造で形状も似ています。

G710アイアンの公式サイトでも、基本的にG700と同じ視点でのモデル説明がなされています。

公式動画の中では、「PING史上で最も寛容性が高い」と説明がありますので、重量配分の見直しにより慣性モーメントは高められているのかもしれません。

PING G710アイアンとG700アイアンの試打・評価

G710アイアンの試打

  • G700よりも打音が抑えられている。
  • ディスタンス系で、楽なクラブ。

  • 大きめのヘッドだが、ブラックになったことで、大きさを感じさせない効果がある。
  • 中空アイアンだが、打感の柔らかさが感じられる。

  • G710アイアンは高さがしっかり出て、ランが出ないため、高さで止めることができる。
  • アイアンで飛距離が欲しい、高さが出ないという方におすすめのモデル。

G700アイアンの試打

  • グリーンに止めることができるタイプの飛び系アイアン。
  • G410よりも球をはじいてくれて飛ぶ。
  • ロフトだけでなく、素材の力で飛ぶ。
  • 対象ゴルファーは、打点がバラついてしまう方、年配の方で飛距離が落ちてきた方。

  • PINGのアイアンは、モデルに付けられた数字が大きい方がやさしい。
  • ヘッドはブレードが長くて、重心距離も長く見える。
  • ソールがフラットで、バンスが付いているので、ソールがしっかり跳ねる。
  • 少しダフり気味に入っても、ミスになりにくい。
  • シャフトが軽いので、ヘッドスピードが速い人向けではない。
  • 重たいシャフトを使うと、アスリートでも使える。

PING G710アイアンの最新情報

2020/01/22   -PING, アイアン
 , , ,

PINGから発売のG710アイアンについて、モデルの特徴・スペック・発売日・発売価格など最新情報をまとめました。 G710アイアン/PING GDOで探す 楽天市場で探す 激安中古クラブ市場で探す フ …