アイアン飛距離おすすめランキング!

アイアンの飛距離を伸ばしたいゴルファー向け、おすすめのアイアンをランキング形式で掲載!試打・評価・最新情報・発売日なども紹介!

スリクソン アイアン

スリクソン Z785アイアン 試打・評価・徹底解説

投稿日:2019年6月20日 更新日:

スリクソンから発売されているZ785アイアンについて取り上げます。

2018年モデルのZシリーズアイアンは、Z585アイアン・Z785アイアンの2種類!

スリクソンのZシリーズは2012年に初代のZ25シリーズが発売されている上級者・プロ向けのモデルです。2018年のZ85シリーズでは、アイアンは2種類発売されています。

2016年のZ65シリーズ、2014年のZ45シリーズでは、マッスルバックの「Z9**アイアン」が発売されていましたが、2018年モデルではZ585、Z785のみとなっていて、Z985アイアンは発売されていません。

ちなみに、ドライバーでは既に2016年モデルのZ65シリーズの時点で、Z965ドライバーが廃止されています。ゴルフクラブ市場の全体の動きとして、難易度の高いクラブが徐々になくなっています。

完全マッスルバックのZ985アイアンはリリースされていない

Z785アイアンはキャビティー構造

Z785アイアンは、ヘッドの周辺部が肉盛りされているキャビティー構造のアイアンです。

Z585アイアンはポケット構造があり、ミスへの許容性が高い構造になっていますが、Z785の方はポケットがなくすっきりしています。その分、ミスの許容性は低くなりますが、操作性は高くなっています。

バックフェースの打点集中エリアが肉厚で、打感のやわらかさが特徴!

出典:http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2018/sp/2018_s90.html

バックフェースは、打点が集中するセンター部分が肉厚な構造となっています。

芯で捉えた時には柔らかい感触がもたらされ、押し込んでいけるアイアンです。

Z785はノーオフセットで、操作性が高い

左:Z585アイアン 右:Z785アイアン

左のZ585アイアンはネック部分の曲線が目立ち、ややグース気味になっています。

一方、Z785アイアンはオフセットがなく上級者向けのすっきりとしたネックとなっています。操作性の高さが感じられ、インテンショナルなショットを繰り出せます。

左:Z785アイアン 右:Z585アイアン

同じZ7系アイアンで、新旧のフェースを並べて比べてみますと、形状はあまり大きな変化はありません。

スコアラインはZ785アイアンの方が多くなっていますので、スピン性能を活かしたい方には有難い変更です。

Z785アイアンの試打・評価

Z785アイアンを試打して解説

  • Z785 DGとZ585 MODUS3を比べると、Z585の方が弾道が安定する。
  • ヘッドの違いというより、シャフトの重さの違いが大きい。

試打者にとって、DGは重すぎたようで、MODUS3 TOUR 105は使いやすいとの意見が出ていました。Z785アイアンの標準のMODUSは120ですので、105を選択する場合はカスタムになります。

メーカー公式のPV


Z85のアイアンのメーカー公式PVです。Z585とZ785の違いについて解説されています。

スリクソンZ785アイアンのスペック

番手 3番 4番 5番 6番 7番 8番 9番 PW AW SW
ロフト角(度) 20 22 25 28 32 36 41 46 51 57
ライ角(度) 60 60.5 61 61.5 62 62.5 63 63.5 63.5 63.5
クラブ長さ(インチ) 38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.25 35.25 35.25

Z585の番手は4~9番、PW、AW、SWの9本ですが、Z785アイアンは、ロフト角20°の3番が加わり、3~9番、PW、AW、SWの10本のセッティングとなります。

Z785はZ585より概ねロフトが1~2°寝ていますので、飛距離よりもコントロース性を重視したスペックになっています。Z765アイアンとロフト角は変わっていません。

Z785アイアンの販売価格

シャフトは4種類あり、販売価格も異なっています。

  • ダイナミックゴールドDST スチールシャフト:17,000円
  • ダイナミックゴールド スチールシャフト:17,000円
  • N.S.PRO 950GH DST スチールシャフト:17,000円
  • N.S.PRO MODUS³ TOUR120 スチールシャフト:18,000円

あわせて読みたい

-スリクソン, アイアン
-, , , ,

関連記事

M4アイアンとM2アイアンの違いをまとめました

テーラーメイドの人気アイアン、M4アイアンについて、前作であるM2アイアンとの違いをまとめてみました。M4とM2の違いが気になるゴルファーが多いようで、ドライバーの打ち比べ動画はいくつか出ていますが、 …

MAVRIK アイアンの最新情報!特徴と違いを徹底解説

キャロウェイの2020年の新作、MAVRIK(マーベリック)のアイアンは、3タイプが発売となっています。 これらのモデルの特徴・違いについて取り上げます。 目次1 MAVRIK アイアンは3種類ある1 …

ストロングロフトのアイアンでオススメ3本!飛距離アップ

アイアンの飛距離をアップしたいと悩んでいるゴルファーにとって、有効策の一つとして考えられるのが、アイアンのストロングロフト化です。そこで、本記事ではストロングロフトのアイアンでおすすめの3モデルを取り …

「ロングアイアンで球を上げる方法」がドライバーやフェアウェイでも役立ちそう!

横田真一プロのyoutubeチャンネルで、興味深いテーマが取り上げられていました。 「ロングアイアンで球を上げる方法」 です。 多くのゴルファーに共通するテーマだと思いますので、詳しく取り上げます。 …

PING G425アイアンの試打の評価・口コミまとめ

PINGの2020年モデル、G425シリーズからG425アイアンが発売されています。 G425シリーズでは、ドライバー、フェアウェイウッドはそれぞれ3種類あり、ツアープロや上級者にも使われていますが、 …