アイアン飛距離おすすめランキング!

アイアンの飛距離を伸ばしたいゴルファー向け、おすすめのアイアンをランキング形式で掲載!試打・評価・最新情報・発売日なども紹介!

当サイトには広告が掲載されます

「 シャフト 」 一覧

アイアンはシャフトの重量で弾道が劇的に変わります

アイアンを選ぶ際、メーカーやブランド、モデルを気にする方が多いと思います。

しかし、シャフト選びもヘッドと同じぐらいとても重要です。

今回は、アイアンのシャフト選びが何故重要か、どのように選べば良いかを取り上げます。

シャフトの重量が違うと、アイアンが全くの別物になる

アイアンを選ぶ際、渋野選手と同じi210がいいかなとか、ドライバーに合わせてゼクシオアイアンが良いかなとか、ヘッド重視になりがちです。そして、シャフトは純正のものというケースが多いのではないでしょうか?

しかし、アイアンは同じヘッドでもシャフトの重さの違いで、全くの別物のように変わってしまいます。

百聞は一見にしかず。まず、こちらの動画を見て頂きましょう。

▼アイアンのシャフト重量を変えて打ってみた動画です。

こちらは、アイアンのシャフトを変えて、3種類で試打しています。

三菱のOT アイアンシリーズの85(S)、105(S)、ツアー110(S)です。

シャフト 硬さ 重量 トルク キックポイント
OT Iron 85 R 86g 3 MID
OT Iron 105 S 104g 2.8 MID
OT TOUR Iron i110S(7) S 110.5g 2.2 MID-HIGH

※OT TOUR Iron i110は7番の情報です。

85、105、110の順で試打していまして、85の時はタイミングが合わず、まともに前に飛ばないケースが多発しています。

105に変えると、フレックスは同じですが、しっかりとした弾道が出ます。

さらに、110に変えると、アイアンらしいしっかり上がった弾道が出ます。

同じヘッドですが、シャフトの重量で弾道が大きく変わってしまうことが分かります。

ヘッドで選んで、シャフトは純正で選んでしまいがちですが、シャフトも含めて吟味されることをおすすめします。

シャフトの素材は、スチールありきではない

シャフトは重量だけでなく、素材についても既成概念を取っ払って、ゼロベースで検討してみることをおすすめします。

アイアンのシャフトはスチールだと決め込んでいる方もいると思いますが、渋野プロは数年前にスチールからカーボンに変えています。

▼渋野日向子プロがカーボンシャフトを使う理由

スチールもカーボンも重量や特性が多種多様になっています。アイアンに求める弾道によっては、ヘッドとの組み合わせで、カーボンが良いかスチールが良いかは変わってくる可能性があります。

単純に、ヘッドとシャフト、どちらをハードスペックにするのかという考え方もあります。

球の上がりやすさを求めるのであれば、スチールからカーボンという選択も良いと思いますし、逆にカーボンを使っていて上がり過ぎているという方は、軽量スチールを選択するのも良いと思います。