アイアン飛距離おすすめランキング!

アイアンの飛距離を伸ばしたいゴルファー向け、おすすめのアイアンをランキング形式で掲載!試打・評価・最新情報・発売日なども紹介!

「 コブラ 」 一覧

KING RADSPEED ワンレングスアイアン 2021のスペック・発売日・発売価格

コブラから発売のKING RADSPEED ワンレングスアイアン 2021について、モデルの特徴・スペック・発売日・発売価格などをまとめました。

KING RADSPEED ワンレングスアイアンの特徴と評価

コブラの2021年の新シリーズから、KING RADSPEED ワンレングスアイアンが発売となっています。

名前から分かる通り、コブラではお馴染みにワンレングスとなっています。

ちなみに、ワンレングスではあく、番手毎に長さがフローする一般的なタイプ、KING RADSPEED アイアンも発売となっています。

全番手が37.5インチのワンレングス仕様

KING RADSPEEDワンレングスアイアンは、全番手で37.5インチの長さに揃えられています。

アイアンの中で扱いやすいとされる7番アイアンの長さに揃えられていますので、番手によりスイングを変えることあく、同じ感覚で扱うことができます。

トゥ・ヒールにウェイトを搭載

トゥ側に10g、ヒール側に3gのウェイトが搭載されていて、慣性モーメントを高めた設計となっています。

アイアンはネック側に重量負荷がかかりやすく、芯の位置がヒール寄りになりがちですが、トゥ側にウェイトがあることで、重心位置とフェースセンターが一致し、より芯で捉えやすくなっています。

トップラインにカーボンパーツを採用

アイアンとしては珍しく、カーボン素材がヘッドに組み込まれています。

トップラインにカーボンを用いることで、重心を低くし、より球が上りやすくなっています。

打感・打音も備わっている

バックフェースには、超軽量で複雑な格子状のメダリオンが装着されています。

これにより、ウェイトの効果をより大きくし、さらに、打音・打感も向上しています。

KING RADSPEED ワンレングスアイアンのスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
4 19.5° 65.0° 37.50″
5 22.0° 64.5° 37.50″
6 24.5° 64.0° 37.50″
7 27.5° 63.5° 37.50″
8 32.0° 64.0° 37.50″
9 37.0° 62.5° 37.50″
PW 42.5° 62.0° 37.50″
GW 48.0° 61.5° 37.50″
SW 54.0° 61.5° 37.50″
*センサー無しの場合、長さは37.25″

長さは同じ37.5インチに揃えられていますが、ライ角は番手により異なっています。

クラブセッティングは4番から9番、PW・GW・SWの9本です。セット販売は、6~9番、PWの5本組です。

KING SPEEDZONE ワンレングスアイアンとロフト角、ライ角、クラブ長さは同じスペックになっています。アドレスに大きく影響するスペックが踏襲されていますので、同じ感覚で扱いやすくなっています。

KING RADSPEED ワンレングスアイアンの発売日と発売価格

KING RADSPEED ワンレングスアイアンの発売日は、発売日は2021年4月9日です。

発売価格は、5本セット(6~9、PW)で115,500円、単品(4、5、GW、SW) が23,100円です。